化粧下地だけの薄化粧でナチュラルにかわいく。

最近はもっぱら薄化粧派の私ですが、お肌のお化粧なんてそんなに塗る必要がなかったはずの20代前半はばっちりメイクに憧れてかなりの厚化粧でした。

私のように若い時の方が厚化粧だったという方も多いのではないでしょうか?
私はしっかり塗った下地の上にコンシーラーで毛穴を隠しさらにパウダーファンデーションを重ねては一日に何度も塗りなおしていました。

マットな肌感に憧れていたのもあり、そうしないと不安で仕方なかったんですよね。

しかし30代になった今どうもパウダーファンデーションをした後の肌感が好きじゃなくすれ違う女性もナチュラルなテカリ感のあるメイクの方に目がいくようになってきました。

薄化粧は男性にもウケがいいですし今流行のメイクも薄化粧になってきていますよね。

歳をとったからこそ厚化粧にしてカバーしようとすればするほど余計老けて見えてしまいがちですし薄化粧で済むならそうしたいものです。

薄化粧に憧れながらもしっかりカバーしていないと不安だしなと日焼け止め、化粧下地、ファンデーションをしっかり重ねていたのですが、ある時ファンデーションを切らしてしまっい化粧下地だけで出勤することになってしまったことがきっかけで私はファンデーションをやめました。

紫外線は防ぎたいので日焼け止めでしっかりカットしつつUV効果のある化粧下地を塗って終了になった私の肌は求めていたナチュラルな素肌感になりこれこれこれ!といった感じでした。

肌や目元が薄化粧でも濃いリップをひと塗りするだけでお顔がはっきりしますし、不安だから重ねてしまいがちなメイクですが思い切って引き算してみるのもいいかもしれませんね!

基礎化粧品の中で化粧水が果たす重要な役割

ある時期まで私は、乳液や美容液が、基礎化粧品の中で重要だと思っていました。

そのため、化粧水は適当にパンパンと肌に乗せて、乳液などをしっかりつけるというスキンケアをしていました。

でも、化粧水には大事な役割があったのです。

化粧水こそ丁寧に肌のすみずみまで行き渡らせるようにつけないと、その上に塗るものがどんなに高品質でも、効果が十分に得られないことが分かりました。

私は大人の周期ニキビに悩んでいて、基礎化粧品も大人ニキビに効果があるとうたっているシリーズを普段から愛用しています。

ある時たまたま、染み込ませて使うタイプのフェイスマスクをサンプルでいただいたので、手持ちのニキビケアの化粧水を使いパックしてみました。

すると、肌が水分をぐんぐん吸い込んでいくのが分かり、使用後の肌の状態もキメが整っていて、化粧水だけでこんなにハリが出ることに驚きました。

つまりそれまでは、肌が必要とする量を使えていなかったということになります。

それから意識して、丁寧に、多めの量を肌に染み込ませるように手で抑えながらつけるようにしてみました。

すると、生理前によくできていたあごニキビが出なくなったのです。

乳液をつけたときの様子も、以前はなんとなく浮いているというか、表面ばかりがテラテラべたついている感じだったのが、しっかり肌の内側に潤いが浸透するようになりました。

この体験から、化粧水が肌の状態を整えて、他につける基礎化粧品を受け入れやすい状態にする役割があることを実感しました。

今では化粧水を一番念入りにつけています。